こどものこども。結婚7年目、32歳。
2010年5月に男の子が生まれました。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
保険の見直し 14:16
15w6d


今日は体重を測るのを忘れました。
ま、検診の日でしたしね!今日はいいのいいの。あ、こういうのがだめなのか。
検診終わったんで今日はカレーです(昨日はちょっと遅くて作れなかった)。


妊娠することができたので、保険を見直すことにしました。
もともと子どもができたら見直すことは予定していたので、妊娠待ちだったわけです。
私たち夫婦が保険に入ったのは、とりあえず妊娠前にってことで去年の同じ時期。でも保険って素人には難しくって、勧められるがまま入るのは絶対に損する気がして嫌だった私たち。かといって自分たちだけでは全然わからないし・・・。

そこで当時まず、無料相談に行くことにしました。この無料相談ってのも初めは二人ともなかなか信用できず(無料でやっていくしくみがちゃんとわからないことには)、絶対うまい話にはのらないという決意を持って(←大げさ)ほけんの窓口に行ってみました。

結果的にはここで相談してよかったです。担当になった方がやり手だったのもありますが。
保険のしくみについてゼロから説明してくれ、多くの(ほとんど全ての)保険を取り扱う総合代理店なので、顧客の要望とライフスタイルに合った保険をピックアップ、シミュレーションしてくれます。担当さんはずーっと変わりません。とっても信頼しています。

で、最初はお互い医療保険と生命保険に加入。医療保険は最低限の補償だけがついているもので、生命保険は掛け捨てでなく運用型、しかも途中解約しなければ絶対元本割れしない投資信託型のもので、これも最小限の金額(いわく葬式代)。
それからしばらくして車を購入したのでまた相談して車両保険に加入。

そして今回。
今回は夫だけで相談に行きました。
考えるのは子どもの学資保険的なもの、そして夫に掛け捨ての生命保険をかけるかどうか。
まず学資保険に関しては、以前担当さんと話していた感じだと、「学資保険」と銘打って出ているものだと損するものが多い、という印象だったのですが(か○ぽとか)、案の定学資保険という名前ではない商品になりました。積み立て型の生命保険で、まあ18年満期のものすごい利率のいいおろせない定期預金、みたいなもんですかね。途中解約すると、もちろん元本割れします。これはだいたい想定通りだったので納得。

もうひとつの、掛け捨ての生命保険について。
掛け捨ては月々の保険料に対して補償額が大きいので、子どもが生まれて万一のときを考えると入ることを考えてもいいのでは、と以前から言われていました。
私、掛け捨ては絶対嫌でした。たとえ月数千円でも。夫が死んでしまうことを考えるのももちろん嫌なんだけど、その可能性が数%しかないのに毎月数千円捨てるなんて・・・。
と、以前担当さんに言ったところ、女性は圧倒的に掛け捨てを嫌がる人が多いんだそうです。やっぱりね。

でも夫は子どもができたなら掛け捨てに入っておきたいようでした。まあ気持ちはわからんでもないけど。さんざん嫌がりましたが、結局夫に押し切られ加入することに。とは言っても万が一のときおりるお金は1000万です。たしか60歳ぐらいまでだったでしょうか。それまで生きて働いて稼いでくれるお金の方がよっぽど多いので、やっぱりしっくりこないんですけど・・・。

そんなこんなで、保険の見直しはひとまず終了。
あとはがんばって貯蓄を殖やさねば・・・。
専業主婦への夢は今回もはかなく散りました。


<追記>
トップの"OTHERS"をクリックすると、実はブログパーツを見ることができます。
今までもおなかの赤ちゃんの様子(BABYSTROLOGY)をひっそりつけてたんですが、妊娠中の体重変化もつけてみました。


にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠初期へ
そして物入り
| 妊娠4ヶ月 | comments(0) | - | posted by たれぞう -
スポンサーサイト 14:16
| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
Comment








<< NEW | TOP | OLD>>