こどものこども。結婚7年目、32歳。
2010年5月に男の子が生まれました。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
息子の生まれた日・最終章 22:35
分娩室のある2階にヨロヨロと階段で上がる。
実はその2時間前に他の人が出産を終えたばかりで、産後2時間はカンガルーケアで分娩室にいるため、分娩室はまだ後片付けの真っ最中。その外の共用スペースでモニターを装着し、夫に支えられながら痛みにへたりこむ私。

ようやく分娩室の準備ができ、夫と一緒に分娩室へ。もうこのときはフーフーは叫び声に近くなっている。夫は丸椅子に座り、私は下着をつけたまま便座のような椅子に向かい合わせで座る。夫にしがみつきフーフー。痛いー!とも叫ぶ。外から母がカラカラ笑っているのが聞こえて、笑ってらーと思う。父はまだいるかな?とも気になる。夫にしがみついていると、夫のポロシャツの首の後ろがビリッといったのが聞こえ、ああ、バナリパの私もお気に入りのポロシャツなのにと思って掴む場所を夫の腿にかえる。

先生が来て、座る向きが逆と言われる。痛いのに、と渋々向きをかえる。夫が脇を抱え、先生が向かいに座る。まだ尿取りパッドをあてて下着をはいた私のお尻を押さえ、「呼吸はさっきやってたようにゆっくりね。もう力を入れたかったら入れてもいいです。」と言われるが、どう力を入れていいのかわからない。
そんなふうに夫の腕や指を力いっぱい痛め付けつつ繰り返していると、腰の痛みが限界に。
「腰が痛い」と申し出ると、じゃあ分娩台に移動しましょうということになる。いつの間にか先生はいなくて、腰が痛いならまず分娩台に手をつきましょうか?と助産師さんに言われるも、「寝たいです」と主張し「たれぞうさんウケる〜」と笑われる(すでに陣痛中「これから入院になるけど、ごはん食べました?」ときかれ、「たくさん食べました」と答えて「たれぞうさんウケる〜」と言われている)。

分娩に横になり、また何回かフーフーする。力を入れていいと言われても、やっぱりまだわからない。父がまだいるのかも気になる。そのうち助産師さんが内診。
「おお!全開です。産んでいいです。」
と助産師さんが笑い、別の助産師さんに先生を呼んできてくれるように言う。
そう言われたらもう、一刻も早く産みたいので、よくわからないけどいきんでみる。ベリーダンスのときに練習したみたいに、腰のくぼみをなくすように踏ん張ってみるとなんとなく出て来るスポットに何かあるような気がしてくる。でも何も出てきていないようで(一回じゃ当然だけど)、あと何回いきめばいいんだと気が遠くなる。

それを数回繰り返しているうちに先生到着。
いきむとどうしても膝が内側に入ってしまうのを何度も直しつつ、思い切りいきむ。何かが出て来る気配。おお!と隣で興奮する夫。
「赤ちゃんの頭が見えてきています。」
と静かに先生。内心、見えただけかよ!と思い、もう一度いきむ。応援する夫。出て来るところがミシミシ痛い。でも出さないとずっと痛い。ミシミシしようが関係ない!出してやるー!!

夫「おお〜〜〜!!」
にゅるりん

壷焼きサザエの身が出るように、物体が出て来る。その後夫に聞くところによれば、直後に助産師さんが首に巻き付いていた臍の緒を外していたそう。
ふにゃ〜、ふにゃ〜と数回泣いて、息子は私のおなかの上にやって来ました。おなかの上にやって来るとぴたっと泣き止み、もぞもぞ、もにゃもにゃ。

私が母に。
夫が父に。
両親が祖父母に。

なった瞬間でした。
その瞬間は、感動で涙を流すに違いないと思っていたけど、実際はやっとでたー!痛いの終わったー!でした。
ちなみに息子を見た私の第一声は「黒いー」でした。夫に聞くと、「よく頑張ったねえ」とも言っていたらしい。


その後、胎盤を出し(これまた痛い)、子宮収縮の注射。夫が臍の緒を切る。

そして先生がオシモを縫合。
多少の裂けるのは覚悟していたけど、待てど暮らせど縫合が終わらない。もちろん麻酔は無しで、出産の痛みに比べたらチクチクする程度、と聞いていたのに、あまりにも長いこと縫合しているので普通に激痛。あのー、前から後ろまで、かなりの距離縫合してますよね?
ようやっと縫合が終わったところで先生、「今回会陰から膣まで、また深部までかなり裂けました。それは縫合したので大丈夫だと思いますが、Gもかなりひどくなっているので産後はかなりつらいと思います」的なことをおっしゃる。先生が行っちゃったあとも、助産師さんが「かなり縫ったし、それよりGがひどすぎるのでしばらく安静。産後は専門のお医者さんに行ったほうがいいかも」と繰り返す。そして今、立ち上がるのもやっとこのヨレヨレ生活です・・・。


産褥パッドをあてられて、オムツ状態のところに両親が入ってくる。そんな格好はどうでもよくて、父が間に合ってよかったー、と思う。息子を確認した父は、「よし!じゃあ悪いけどこれで!」と、予定より1時間遅い電車で帰っていきました。


これが、息子の生まれた日の一部始終です。
長々と読んでいただいたみなさん、ありがとうございました。


にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠後期へ
とにかく痛かった。
| 出産 | comments(8) | - | posted by たれぞう -
スポンサーサイト 22:35
| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
Comment








全部読ませていただきました〜。
出産て、ほんとドラマですね。その時々のたれぞうさんの気持ちがどんなだったんだろうと思って、こみあげてくるものがありました。本当におつかれさまでした。

スピード出産だったとはいえ、オシモの傷、心配です。私も結構な距離(笑)縫われましたのでよくよくわかります。
退院の時の車でも円座クッション必須ですから、旦那さんに用意頼んでおいてくださいね!!

赤ちゃんとは同室になるんでしょうか??授乳のたびに起き上がると痛みがつらいと思います・・。でも、きのうより今日、今日より明日は確実に楽になっていきますから、赤ちゃんの寝顔でパワーチャージしてなんとか乗り切ってください!

息子さんの写真も楽しみにしています^^
posted by にゃん | 2010/05/25 12:32 PM |
なんか、自分の時の事も思い出しました。

だんなさんみてたんですね・・・
すごいですね〜。
しかも、へその緒切るなんて。
いい経験ですね〜。

お父さんも顔を見る事が出来て良かったですね〜。

破水してから、そんなに歩かないとなんてなんだか、
すごいですね。
私は、分娩台になるベッドだったので、
トイレ以外はひたすら横になって痛みに耐えてました。
歩くなんて、ほんと考えられません・・・

下・・専門のお医者さんてのがあるんですか・・
なんだか、とっても辛そうですね。
ただですら起き上がったりする動作だけでもつらいのに・・・

出産てほんとにいろんな事があるんですね。

痛みに耐えつつ、喜びをかみしてめて頑張ってくださいね!!



posted by ゆっぴー | 2010/05/25 12:49 PM |
一気に読ませてもらいました!
やっぱり出産て大変だけど、感動☆
ご主人に立ち会ってもらって、へその緒切ってもらうのっていいですよね。
私もやってもらいたいなぁ。
お父様も顔を見れて良かった!
オシモは痛くて辛そうですが、大丈夫ですか?
早く回復するといいですね。
退院後はご実家に帰られるんでしたよね。
ぜひ今後の参考にさせてくださいね♪
息子くん。本当におめでとう\(^o^)/
posted by miico | 2010/05/25 3:24 PM |
三部作おもしろかったです(^^)
お父さんがいいタイミングでいてくれてよかったですね!!
陣痛きてからけっこう動いているたれぞうさんがすごいです。
私は3分間隔の時にはもうトイレ意外全く動けませんでした。

おしも、痛いですよね・・・
私は「傷はほんのちょっとだけ」と先生に言われたけどかなり痛かったので、「かなりつらいと思う」と言われたたれぞうさんは相当な痛みでしょうね・・・
痛みも吹っ飛ぶくらい息子くんにかわいさを振りまいてもらってください!


posted by まる | 2010/05/27 11:59 PM |
にゃんさん、ありがとうございます〜!
シモのほうは、おっしゃるように日々確実にラクになってきています。

入院中は同室だったんですが、2日間ぐらいは安静にして座っちゃいけないってことで、寝たままの添い乳しか教わらなかったんです。
でも添い乳だとどうしても浅くなってしまうようで、乳首が痛くて痛くて。
その後座位の授乳法になって大分授乳もラクになりました〜。

それにしても、赤ちゃんは本当にかわいい!!
にゃんさんのおっしゃってたように私、ただあやしてただけで涙が出ました・・・。
この一瞬が貴重で惜しい毎日です。
posted by たれぞう(にゃんさん) | 2010/05/29 10:24 PM |
破水してから普通にファミレス行ってがっつり食べてましたからねえ。
同じ病院で産んだ別の方は、破水して帰されて「破水したら入院でしょ!」と怒りつつ焼肉食べに行ったらしいです。
そのときは「すごーい」と思ったんですけど、あんまり変わりませんね(^_^;)

シモは少ーしずつ良くなってはいます・・・。
もう人様に見られたので怖くない、落ち着いたら二人目のために専門のお医者様にかかろうかと思いますorz

ギリギリセーブでみんなに見てもらえて、本当によかったです!
posted by たれぞう(ゆっぴーさん) | 2010/05/30 10:04 AM |
miicoさん、ありがとうございます!
臍の緒を切るときってもっと感動したりするかと思ったんですけど、放心状態でそれどころじゃなかったです(^_^;)
でも、仕事だとほぼ確実に立ち会えない夫にも立ち会えてもらえたし
ものすごい偶然で東京に来ていた父にも見てもらえたことは、なんだか神秘的なものを感じます。

昨日、実家に戻ってきました!
両親も嬉しそうで、夫とは離れ離れで寂しいですが帰ってきてよかったです。
posted by たれぞう(miicoさん) | 2010/05/30 1:30 PM |
父のタイミングは奇跡でした(笑)。
陣痛は破水の直後からだったと思うんですが、なにしろあれよあれよという間に、
まだ大丈夫だと思って動いている間に3分間隔だったという感じでした。

シモのほうは、大分良くなってきました。
でもやっぱりまだ痛み止めがないと不安です・・・。
それでも、息子の声が聞こえるとさっと立ち上がるのはすごい力だな〜、と思います。
posted by たれぞう(まるさん) | 2010/05/30 1:40 PM |
<< NEW | TOP | OLD>>